妊娠中 授乳中 白髪染め

妊娠中・授乳中の白髪染めヘアカラーやヘアマニキュアの影響は?

妊娠中・授乳中の白髪染めヘアカラーやヘアマニキュアの影響は?

妊娠中や授乳中の白髪染めとヘアカラーは、自分だけでなく赤ちゃんの身体への影響が心配ですよね。

 

この件については専門家である医師の間でも意見が分かれます。「経皮毒」についての見解が医師によって異なっています。


経皮毒って何?

皮膚から身体の中へ化学物質が吸収されてしまう事です。

 

頭皮や腕に比べて3〜4倍近く皮膚からの吸収率が高く、白髪染めやヘアカラーの他、シャンプー、リンス、ムースなどのヘアスタイリング剤による経皮毒が懸念されています。

 

経皮毒による赤ちゃんへの影響とは?

経皮毒は特に子宮にたまりやすいため、妊娠中の胎児への影響が大きいと言われています。

 

アレルギー、アトピー、免疫力の低下、将来ガンになりやすい、などといった問題点が指摘されています。

 

妊娠中・授乳中の白髪染め、ヘアカラーは問題ない、という医師の意見

経皮毒は確かに皮膚に吸収されるものですが、突然大きな病気になるものではありません。

 

その為、ヘアカラー自体に有害物質が含まれていても頻繁に使うのでなければ問題ない、妊娠中や授乳中の使用も特に影響はない、という医師も大勢います。

 

妊娠中・授乳中の白髪染め、ヘアカラーは要注意、という医師の意見

妊娠中や授乳中の使用は問題ない、とする医師もいますが、問題点をあげる医師も当然います。

 

スーパーやドラッグストアで売っている安い白髪染めやヘアカラーに含まれるカラーリング剤は、健康な成人が10g摂取すると死亡すると言われているパラフェニレンジアミン(ジアミン系化合物)が含まれています。

 

母親がジアミン系化合物入りのカラーリング剤を使用する事で、胎児や赤ちゃんの発達への影響や、アレルギー、将来ガンになりやすいといった事が報告されています。

 

経皮毒の問題点は長年にわたって化学物質が身体に蓄積される事。

 

そう考えると、赤ちゃんや子供がお母さん経由で摂取し、子供が大きくなった時に自分でヘアカラーを繰り返す事で、将来重大な病気になる可能性は否定できません。

ヘアマニキュアは胎児や乳幼児に影響がある?

ヘアマニキュアは白髪染めやヘアカラーと比較すると分子が大きく、皮膚に入りにくいといった性質があります。(ヘアカラーと違って髪の内部も染めない)。

 

つまり経皮毒の影響はジアミン入りの白髪染めやヘアカラーに比べると断然低くなります。

 

成分的にも、ジアミン系化合物を使用したヘアカラーや白髪染めと比べても毒性は強くありません。

 

ただヘアマニキュアに使われているタール色素は、発がん性やアレルギーなども報告されています。

 

一般的にヘアマニキュアは皮膚にはつけないように使用するものですが、頻繁に繰り返して使うのは身体への影響が心配されます。

 

デリケートな妊娠中・授乳中は白髪染め、ヘアカラーは慎重に

ヘアマニキュアは、ヘアカラーに比べると安全性が高いと言えるのですが、妊娠中、授乳中などのデリケートな時期でも100%安全とお伝えする事は出来ません。

 

子供の将来や、免疫力がいつもより衰えているご自身の身体の事を考えて慎重に決断をするようにしてくださいね。

 

尚、当サイトでは、ジアミンなし・タール色素なしの身体に優しいヘアカラートリートメントをご紹介していますが、使用するにあたって心配な場合は、かかりつけの主治医にご相談の上、パッチテストを行ってから使用してくださいね。

 

ジアミンでかぶれない白髪染めの種類
<p>