ノンジアミンカラー 美容室

美容室のカラーリングにも注意|ノンジアミンカラー白髪染め

美容院で「ヘアカラー」「白髪染め(おしゃれ染め)をオーダーすると、特に注文をつけない限りジアミン入りのカラー剤で髪染めをするので、ジアミンアレルギーの方は注意が必要です。

 

では美容室で、「オーガニックカラー」や「植物染め」といったメニューを注文すれば安全でしょうか?

 

ノンケミカルっぽくて、髪や頭皮に良さそうですよね。

 

しかし、一般的に美容室で「オーガニック・・・」「植物・・・」というメニューでも化学染料の「ジアミン」が含まれていることがほとんどなので、注意が必要です。

 

ジアミンは早く綺麗に染まるので、植物染料メニューでも配合される事が多い

ジアミンは、染料として様々な色調を簡単に作り出す事が出来る非常に優れた成分です。

 

今は、ヘアマニキュア、カラートリートメント、ヘナなど様々な染料がありますが、効率的に髪そのものを染められるという点では、やはりジアミン入りの染料が一番優れているのです。

 

ただジアミンは副作用も多く、頭皮のピリピリ感やかぶれの他、アナフィラキシーショックといった、重大な症状まで引き起こすこともあります。(参考:白髪染めの副作用

 

ジアミンアレルギーの方は「ノンジアミンヘアカラー」のオーダーを

発色の良いジアミン入り染料ですが、一度でもジアミンアレルギーを発症した方は、使用を避けることを強くおすすめします。

 

ちょっとピリピリ来たことがあるけれど、様子をみてみよう...という方も多いと思うのですが、ジアミンによるアレルギーは蓄積していくので、ご自身の身体にとって限界を超えると、ただれや熱、ひどいものだとショック症状といった副作用を引き起こすことがあるからです。

 

美容室のノンジアミンカラー(ノンジアミンヘアカラー)の種類

通常、美容室でジアミンの入っていないヘアカラーや白髪染めをするとなると、次の2種類になります。

  1. ヘナ
  2. ヘアマニキュア(酸化染料)
ヘナ染め

ヘナ染めを行っている美容院は多くはありませんが、自然派系の美容室では取り扱っているケースもあります。

 

そしてメニューに100%ヘナと書いてあれば、ジアミンフリーなので安心です。

 

ただ、ヘナカラーといっても、早く染めるためにジアミン入りのヘナを使用する美容室もあるので、必ず行く前に電話やメールなどでジアミンの有無を確認しましょう。

ヘアマニキュアは広告に出していなくても扱っているケースが多い

ヘアマニキュアもジアミンフリーの染料です。

 

ただ、ヘアマニキュアをメニューに出していない美容院が多いんですよね。

 

美容室にとっては、カラーというとやはりジアミン入りのものを使うことが一般的なようです。

 

メニューにはなくても、ヘアマニキュアを扱っている美容室もあるので、お近くの美容室でぜひ聞いてみてください。

注意したいのが「天然染料/オーガニック」と記載されている毛染め

オーガニック染料、植物染料、天然染料によるヘアカラーメニューを用意している美容院は多いのですが、ジアミンが含まれていることがほとんどです。

 

ジアミンを使った方が発色がよく、色が長持ちするので、植物のやさしさxジアミンの発色の良さを兼ね備えてメニューにしている美容院が多いのです。

 

ジアミンアレルギーでなかったり、きっちり染めたいけれど頭皮や髪に多少優しくしたいという方には良いのですが、ジアミンアレルギーを発症している方は、避けるべきメニューなので、必ず事前にジアミンの有無を確認してください。

 

美容師さんも「ジアミン入りかどうか」知らないケースもある

意外と、ジアミンの副作用などを詳しく知らない美容師さんも多く、電話で「メニューにあるオーガニックカラーにジアミンは入っていますか?」と問い合わせると即答出来ないケースもあります。

 

しかし問い合わせをすれば必ず調べて回答してくれます。

 

一度でも白髪染めやヘアカラーに含まれるジアミンでアレルギーを発症した方は、ジアミンは避けなければいけない成分なので美容室で髪を染める際は必ず確認するようにしてくださいね。

 

白髪染めクリニックより

美容師さんに多いジアミンアレルギー

カラーリング剤に毎日接する美容師さんたち。

 

ジアミンが入ったヘアカラーを扱う時は手袋を使用するのですが、それでもヘアカラーや白髪染めによるかぶれやアレルギー反応で、残念ながら美容師自体を辞める方もいます。

 

ジアミンによるかぶれは接触性皮膚炎なので、基本的には直接触れなければ良いのですが、手袋をしていてもシャンプーの際に飛び散って皮膚についてしまったり接触を100%防ぐのはとても難しいとの事。

 

また、気化した状態の空気を吸い込む事や目に入ったりする事で、かぶれ以外にも身体への影響などもあります。(アナフィラキシーショック、角膜剥離など)

 

美容師さんは多くの方の夢をかなえる素敵な職業ですが、もしお仕事をしていると手が荒れてしまう、肌がボロボロになる、等、身体に異変が起きたら必ず皮膚科の診断を受けるようにして下さいね。

 

ジアミンでかぶれない白髪染めの種類
<p>

 

美容室のカラーリングにも注意|ノンジアミンカラー白髪染め