DHC 白髪染めトリートメント

赤くならない!DHC白髪染めトリートメントの口コミと使い方

赤くならない!DHC白髪染めトリートメントの口コミと使い方

 

私は20代から白髪があり、40代半ばの現在は白髪もかなりの量です。

 

40代は、老けて見える人と若く見える人の差が出てくる年代ですよね。私は白髪染めしないと、余裕でプラス15歳以上に見えます。

 

白髪の量が多くなってから美容院で月1回、白髪染めをしていますが、髪が伸びるのが早く、美容室で染めても1週間後には根元の白髪がちらほら。

 

白髪染めトリートメントは、次の美容院の予約までのつなぎに使用していますが、今回使ってみたDHCの白髪染めQ10クイックカラートリートメントが、1回で綺麗に染まり、白髪が赤くならずとても良かったです。

 

DHCQ10クイックカラートリートメントのダークブラウン1回使用した髪↓

赤くならない!DHC白髪染めトリートメントの口コミと使い方

 

頭頂部↓

赤くならない!DHC白髪染めトリートメントの口コミと使い方

 

DHCの白髪染めは赤くならないカラートリートメント!

今までも白髪染めトリートメントは他ブランドをいくつも使ってきましたが、DHC Q10クイックカラートリートメントは、

  1. 染まりが5分と早い
  2. 色味がしっかりついてくれる
  3. 長持ちする
  4. 白髪の部分が赤くならない

と、白髪をなんとなく隠したい・・・というのではなく、白髪をしっかり隠したい私にとってかなり使える白髪染め。

 

そして、特に気にった点が、白髪が赤く染まらないこと。

 

ヘアカラートリートメントタイプをいくつか使ってみた経験から、ブランドによっては白髪は確かに染まるけれど、赤っぽくなるものもあるんですよね。

 

もともとの髪の色が黒い人、髪にクセの出やすい人は、赤味がでやすいみたい。

 

白髪が少ない時はいいけれど、白髪が多くなると赤い部分が目立ってしまうので、使いづらいなぁと思っていました。

 

私の場合、美容院で白髪染めをする場合は、強いカラーリング剤の他、少しでも髪に負担をかけないよう植物染料もまぜてもらっています。

 

その植物染料がまたオレンジっぽい発色をするので、暗い色のカラートリートメントをその上に塗ると、自然なダークブラウンやブラックにならないんですよね。

 

今回、DHC白髪染めトリートメントはダークブラウンとブラックの2色を使ってみましたが、白髪はもちろん、美容院で染めてオレンジっぽくなった箇所も、ナチュラルに着色して目立たなくなりました。

 

DHCQ10クイックカラートリートメントブラック1回使用↓

赤くならない!DHC白髪染めトリートメントの口コミと使い方

 

DHCQ10クイックカラートリートメントダークブラウン1回使用↓

赤くならない!DHC白髪染めトリートメントの口コミと使い方

 

色の違いですが、ダークブラウンもブラックもとても自然な色味になります。

 

私は白髪を除いてはもともとの髪の色が真っ黒なので、ブラックの方が素の髪に近いですが、ダークブラウンも軽い感じになって素敵です。

 

赤くならない!DHC白髪染めトリートメントの口コミと使い方

 

白髪染めの効果の他、DHCQ10クイックカラートリートメントはトリートメントタイプだから頭皮や髪に優しく、コエンザイムQ10をはじめとした美容成分が豊富。

 

冬で乾燥すると髪の後ろ側がこんがらがってくるのですが、Q10クイックカラートリートメントを使ったら、髪の絡まりがおこらず、指通りがとてもスムーズです。

 

香りは、シトラス系のフレッシュな香りで、万人受けすると思います。

 

DHC白髪染め「Q10クイックカラートリートメント」の使い方

シャンプー後タオルドライ→髪に塗る→5分ほど置く

普通のトリートメントと使い方は、ほぼ変わりません。シャンプー後、タオルドライをする必要があるくらいでしょうか。

 

毎日ゆるやかにトリートメント代わりに使うのなら、シャンプーの後、髪を乾かさずに使うのでもOKだと思います。

 

私は週に1回ペースの使用にしているので、しっかり着色させるためにも、タオルドライで根元までふきとってから使っています。

 

でも、タオルドライ程度で綺麗に染まるのはとても楽ですね。

 

白髪染めトリートメントの中には、ドライヤーまでかけてしっかり乾かさないと、綺麗に染まらないものもありますからね。

石鹸で落とせるが、手袋を使った方が安心

赤くならない!DHC白髪染めトリートメントの口コミと使い方

 

DHCQ10クイックカラートリートメントは、素手でも染められる白髪染めです。

 

赤くならない!DHC白髪染めトリートメントの口コミと使い方

 

ただ、時間が経ったり爪の中に入ってしまうと落としにくくなってしまいます。手袋を使った方が安心です。

 

赤くならない!DHC白髪染めトリートメントの口コミと使い方

 

DHCの白髪染めトリートメント購入時、プレゼントで付いてきた手袋(なくなり次第終了)を利用しましたが、100円ショッやホームセンターで30〜50組入りの安いものが売っているので、今はそちらを使っています。

お風呂の床につきにくい

髪についたカラートリートメントをシャワーで洗い流すくらいでしたら、お風呂の床に着色することはありません。

 

染めた後の手袋や、コームを使用して床に置きっぱなしにすると、床に着色しますが、5分程度ならお風呂の洗剤で軽くゴシゴシすればとれます。

 

白髪が多く伸びるスピードの速い私は1週間に1度のペースで染め直し

ちらっとでも白髪が見えると嫌なので1週間に1回、部分染めで染め直しています。

 

でも、白髪が少ない人や伸びるスピードが遅い人なら、10日くらいはもつはず。

 

個人的には根元にべったり塗れる点がお気に入り

美容院での白髪染めの合間に、ヘアマニキュアを利用したこともありますが、ヘアマニキュアは頭皮につけると取れなくなるので、根元から2mm程度残して染める必要があるんですよね。

 

これは自分で染める時も美容院で染める時も同じ。

 

そうするとやっぱり白髪が目立っちゃう。

 

自分でヘアマニキュアで染め、頭皮にマニキュアがべったり付いたままで2週間近く恥ずかしい思いをしたこともあるので、根元まで染められるカラートリトメントはやっぱり楽です。

 

さらにDHCはノンシリコンなので、頭皮に付着しても問題がない点も安心です。

 

DHC Q10クイックカラートリートメントの染まりやすさや色持ち効果

カラートリートメントの中では抜群の染まりやすさ!5分でOK

一般的に、白髪染めカラートリートメントを使うと、染まるまで15分〜20分。

 

早くても10分程度のものがほとんどですが、DHC Q10クイックカラートリートメントは初回を除いて5分で染められます。

 

他の白髪用カラートリートメントと比べると、DHCのQ10クイックカラートリートメンは本当に早く染まるんですよね。

 

強い化学染料のジアミンを含んでいないのに、なぜDHCのカラートリートメントが染まりやすいのでしょうか?

 

その理由はカラー成分に、イオン性カラーと極小分子カラーの2種類使われているからです。

 

赤くならない!DHC白髪染めトリートメントの口コミと使い方

 

@イオン性カラー

髪が傷んでいると、トリートメントが痛んだ部分に多く存在するマイナスイオンに引かれて吸着する性質があるのですが、それと同じ仕組みを利用して、トリートメント+着色することを実現したカラー成分です。

A極小分子カラー

髪の細かい部分まで着色できるよう細かくしているカラー成分です。

 

髪や頭皮に優しいカラートリートメントを使っているけれど、染まるまで時間がかかって不便だった、といった経験のある人もきっと多いですよね。

 

DHCの白髪染めトリートメントは早くて身体を洗っている間に染められるので、時短をしたい人におすすめです。

 

染めた後、1週間は色落ちしない

赤くならない!DHC白髪染めトリートメントの口コミと使い方

 

DHCのQ10クイックカラートリートメントには、洗髪による色落ちを防ぐカラーフィックスコート成分が配合されています。

 

以前、別の白髪染めカラートリートメントを使ったとき、色落ちが早くてガッカリした事があるのですが、DHCは少なくとも1週間はもってくれます。

 

先ほど書いたように、私は白髪が伸びる速度が速くて1週間に1回のペースで染めていますが、普通の人なら10日はもつはず。

 

洗髪するたびに、色落ちでだんだん髪の色があせていく・・・ということもなく良い状態をキープできています。

 

女性に嬉しい美髪成分たっぷりで艶とボリュームが出る

DHCといえばコエンザイムQ10入りの白髪染めという点が有名ですよね。

 

コエンザイムQ10というと老化に対抗する「抗酸化力」が有名で、サプリの存在は知っていましたが、白髪染めに使われているのは意外でした。

 

コエンザイムQ10はトリートメントに配合することで、髪のパサつきや、まとまりのなさに働きかけるそうです。コエンザイムQ10の他、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどといった美容成分も入り、髪に潤いをもたらしてくれます。

 

私は、白髪染めの影響もあると思うのですが、最近は頭頂部の分け目がぱっくり目立つようになってきてしまいました。

 

でも、DHCの白髪染めトリートメントを使うと、ふんわりとボリュームも出てくれるんですよ!

 

DHC白髪染めトリートメントのまとめ

赤くならない!DHC白髪染めトリートメントの口コミと使い方

値段

赤くならない!DHC白髪染めトリートメントの口コミと使い方

2,670円+税
内容量

赤くならない!DHC白髪染めトリートメントの口コミと使い方

235g 約8〜10回分
染まりやすさ

赤くならない!DHC白髪染めトリートメントの口コミと使い方

初めに使う時は1回〜2回で綺麗に染まる
色持ち

赤くならない!DHC白髪染めトリートメントの口コミと使い方

7日〜10日
カラー

赤くならない!DHC白髪染めトリートメントの口コミと使い方

ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン
美髪成分

赤くならない!DHC白髪染めトリートメントの口コミと使い方

コエンザイムQ10、コラーゲン、ヒアルロン酸、オリーブバージンオイル、セラミド、キトサンエキス、ゼイン、シルクエキスなど
香り

赤くならない!DHC白髪染めトリートメントの口コミと使い方

フレッシュハーバルの香り

 

DHCQ10クイックカラートリートメント染まりやすさ、色持ちの良さも良いですが、1本2,000円台とコスパも良し!

 

内容量も、一般的なカラートリートメントが200gなのに対し、DHCは235gと量が多いのも嬉しいですね。

 

白髪染めはどうしても必要なものなので、お財布に優しい点も気に入っています。

 

 

DHC白髪染めカラートリートメントの評価:4.8/5.0by 白髪染めクリニック